システム部門 system

system

システム部門

「最高のデリバリーサービスを作る」 お客様が使うサイトやアプリの開発をしたり、デリバリーサービスをブラッシュアップしたり、お客様がいつでもトラブルなくサイトやアプリが使えるように運用しています。また、レストラン店舗の皆様や配送ドライバーのみんなが業務で使うシステムやアプリも私たちが開発・改善・運用していくことで、皆様の業務を支えています。

  • 顧客用アプリケーションやWEBサイトの設計、開発、運用
  • 業務用システムなどの設計、開発、運用
  • 各システムのブラッシュアップなど
システム部門

しあわせを届けたプロジェクト紹介

Amazonの音声サービス『Alexa(アレクサ)』に、出前館スキルというアプリがあります。これは、FireTVやEchoなどのAmazonのデバイスから出前館で注文できるというアプリです。今回、出前館スキルを改修して、声だけで出前を注文できるようにしました。これにより、家事をしながら注文したり、自宅に歩いて帰る途中で注文したりといった使い方ができるようになりました。これまで当然だった、パソコンやスマホを操作して注文するという縛りを取り除くことで、今までできなかった様々なシーンで出前を利用することができるようにしました。
システム部門 しあわせを届けたプロジェクト紹介

これから挑戦したいこと

フードデリバリーを使いたい人たちが課題と思っていることを、少しずつ改善していくようなサービスやシステムを実現し、それをトラブルなく継続することが私たちの仕事です。その一方でAmazon Alexaのように、世の中の人たちが思いもしなかった「アッ!」と驚くような機能やサービスも実現していきたいと思います。私たちが優れたシステムを実現することで、出前館のブランドを向上していきたいと考えています。
システム部門 これから挑戦したいこと

求める人物像

変化のスピードが速いフードデリバリー業界において、システムは日進月歩の進化を求められます。昨日まで正しかった施策が良くない施策になったり、今日間違っていると思われていた意見が、明日には正しい意見になることも日常茶飯事です。そんななかで、お客様や事業の要望も日々変化します。それらの要望に柔軟に対応できる方を求めています。指示されたものを作り上げることだけを業務と思わずに、お客様が使いたくなる、店舗の皆さまの業務が助かるようなシステムを作り上げることに誇りをもって、考え、実装できる方が活躍できる部門です。
システム部門 求める人物像

1日の仕事の流れ

9時 確認作業

8時50分に出社します。
出社後は前日から引き続いての案件の整理、実装、テスト、要件の定義、回収作業などを行います。(案件は出前館サイトの改修や新機能に関するものが多いです。)

システム部門 確認作業
10時 ミーティング

システム開発グループでミーティングを行います。
各案件や個人作業などの進捗確認を週に1回行っています。

システム部門 ミーティング
11時 実装作業

実装作業を行います。

12時 ランチ

自席で本などを読みながら、お弁当を買って食べていることが多いですが、
出張で東京から上司が来た際にはグループの皆で出前を取ったり、ランチに行くこともあります。(行きつけは会社の近くにあるハンバーガーが美味しいアメリカンレストランです。)

13時~14時 実装作業

午前に引き続き実装作業を行います。

システム部門 実装作業
15時 往訪

大手チェーン加盟店を訪問し、システム担当、マネージャー、執行役員、営業担当の方などと打合せをします。

特に、システム担当者、営業窓口の方とは、
・加盟店様のシステム連携のすり合わせ
・プレゼン
・先方の要望の把握
・今後の方針の確認
などを行います。

16時 事務作業

会議前の資料準備を行います。
社内資料ですが、自分が担当する案件に関わっていない人がわかるように、わかりやすく作成することを心掛けています。

17時 ミーティング

リリース判定会&他グループへの共有を行います。
火曜日と木曜日に新機能、新機能や改修のリリースを行うのですが
リリースに向けたテスト終了後の最終確認です。
事前に作成した資料を使い、上長やほかのメンバーに説明を行います。

システム部門 ミーティング
18時 退社

働くスタッフたち

「しあわせ」を届ける個性豊かなメンバーたち